ACID BAKERY

ABout | Blotter | Text | Illust

エルデ備忘録 03

これは?

本館とは別に、具体的に形にするのは時間がかかるからその前に気になる部分に言及だけしておこう的な記事、その 3 です。『ELDEN RING』の記事ですが、『DARK SOULS』などの他作品についても無節操に触れていくのでネタバレにお気を付けください。

黄金樹の完全性とか

兄様、兄様、正しく死んで下さいな

ファルムアズラ
死の根
陰謀の夜、盗まれた死のルーンは デミゴッド最初の死となった後
地下の大樹根を通じて、狭間の各地に現れ 死の根として芽吹いたのだ

死の根は黄金樹の根を伝って狭間の地に現れた。そしてファルムアズラにも死の根は確認できる。つまりゴッドウィンが埋葬された時期と、ファルムアズラが大地に存在していた時期は重なると考えられる。エルデ史を探る手がかりになるか。

メリナの極小黄金樹

モーゴット戦で召喚できるメリナ。散り際に小さな黄金樹のようなものをを生やしていってくれますが、褪せ人が死んだ痕に黄金の苗木のようなものを生やすのに似ている。メリナが褪せ人である……という意味には取っていませんが、人が死ぬ際に残すルーン、その性質を利用しての何かでしょうか。メリナの正体を探る上で使えるかもしれない。

そして火は消え、暗闇だけが残った

エルデの時代は「深海」に連なると考えているわけですが、つまり火の無き時代においての「ソウル的なもの」は闇ないし深みのソウルのバリエーションではないか、と考えている。言い換えれば今後「闇属性」が登場することは無いと思っています。

忌み子、グルー

忌み子の角、これは『DARK SOULS 3』のグルーが持つものと似て、そして深淵に鍛えられた武器も同様の特徴を持った。「忌み」は深淵から昇ってくる。

それは人に似ている

ソウルの大澱、人間性が深みに澱んだものは、故に人に似る。なぜ宇宙からやってきたアステールが人間に似た外形を持つのか。宇宙という暗闇、そこを棲み処とする生物もまた、やがては人に似るのだろうか。

全ての血の無き者たちよ

『ELDEN RING』で取得できる「白そぎ肉」。これは血の無い生物の肉だと言うが、ここで『Bloodborne』の「全ての血の無きものたち」というフレーズが思い出される。あれは肉体を持たない、霊体の怪異・上位者を指す言葉かと解釈していたが、或いは「白そぎ肉」がその答えの一旦かもしれない。つまり海……「深海」の生き物を指すのだと。

魔術師塊と囚人団子

レアルカリアとラトリア。リアリア。

魔術師塊 囚人団子

魔術師塊 / 囚人団子

スポンサーリンク