ACID BAKERY

ABout | Blotter | Text | Illust

ラバー・ソウル - lover of souls -

このページは

フロム・ソフトウェアのソウルシリーズ(『デモンズソウル』『ダークソウル 1, 2, 3』『ブラッドボーン』『隻狼』)について考察した記事のまとめでございます。人によっては一番楽しい遊びですが、考察はあくまで考察。作中の情報だけに留まらず、飛躍した推測までを書き綴った以下の記事は、人によっては一番見たくないものとして映るかもしれません。どうかお気を付けくださいませ。加えて内容の性質上ネタバレを考慮しておりません。平に御容赦下さい。

数多ある考察の一種として、「こんなこと考える奴もいるんだな」と笑って頂ければ幸いです。では、楽しくやっていきます。

あ、ちなみに余り使っていませんがメモ代わりにTwitterをやらせて頂いているので、より散漫な文章を目撃したい方はどうぞ。

(追記)「長さレベル」を設けました。字のごとく「どの程度長いか」の指針です。ちなみに文字数カウントで原稿用紙換算した数字だったりします。参考にしてください。

index

Demon's Souls(デモンズソウル)
  • 北の国から - 楔 - (2017.08.27)
    • 長さレベル : 31
    • どういう話だったんだっけ、というおさらい的な内容です。
DARK SOULS(ダークソウル)
  • 小ネタ集 (2017.11.06)
    • 長さレベル : ?(増えるかも)
    • 思いつき次第随時更新
  • 継がれる古い遺志 (2016.03.23)
    • 長さレベル : 15
    • 名を禁じられた、四王たちの成れの果て。
  • 「冷気」の正体、冷たい蝕み (2016.12.04)
    • 長さレベル : 3
    • 冷たくしているのは誰なんでしょう
  • 「丸薬」の原材料 (2016.12.19)
    • 長さレベル : 5
    • 白いあいつをこね回し。
  • 【急募!】もう一度燃えてくれる薪の王 (2017.03.14)(追記)
    • 長さレベル : 20
    • なぜあの五人なのか。なぜロスリックまで倒さなければならなかったのか。
  • 火継ぎの傍ら、世界を描く (2017.04.09)
    • 長さレベル : 35
    • 『3』DLC は余談に非ず。奴隷騎士こそ、最後の敵に相応しい。
  • 最初の火の、最初の日 (2017.08.11)
    • 長さレベル : 4
    • 前回の記事の捕捉です。
    • DARK SOULS REMASTERED
      • リマスタード嬉しいな、というほんの小さな気持ちの話なので考察でもなんでもねぇ。
  • 火の封と神の枷 (2017.04.19)
    • 長さレベル : 15
    • 人にはめられた枷と、それを積む者たちの話
  • 二つの輪の都 (2017.08.13)
    • 長さレベル : 10
    • 白き輪の都と、暗きアノールについて。あと教会の槍とか。ついでにフラムトも。
  • ロンドール戦記 (2017.08.29)(追記)
    • 長さレベル : 43
    • 火の簒奪ってなんだったの? という疑問への、自分なりの解答です。ついでにカアスも。
  • ハベル語り。 (2017.09.07)(追記)
    • 長さレベル : 19
    • ハベルについて述べる。
  • ロイドはおまえだ (2018.03.04)(追記)
    • 長さレベル : 9
    • シリーズ皆勤賞の主神ロイド。この人、名前だけの存在だけではなく、ちゃんと形ある存在として登場していました。
  • 絶望を焚べる者 (2018.04.07)
    • 長さレベル : 13
    • 『ダークソウル 2』のエンディングについて。そしてロスリック最初の賢者「火継ぎの懐疑者」について。
  • 『ダークソウル』BGM 歌詞和訳協力の話 (2018.08.26)
    • 和訳に協力(?)させて頂いております。
  • 天使にふれたよ!
    • #1 月光!(2019.04.29)
      • 長さレベル : 59
      • 羽の騎士とプレイヤーの「光柱」はなぜ属性が違うのか、からの「ロスリック」に蔓延する「月」について
    • #2 深海!(2019.04.29)
      • 長さレベル : 61
      • 澱む人間性と、深海の時代について
  • 糞塗れの記事 (2019.05.03)
    • 長さレベル : 5
    • 「糞塗れの遺灰」、その主について。きっと大好きだったのだろう。
  • 古竜新書 (2019.06.01)
    • 長さレベル : 38
    • 古竜の正体と灰の時代について。絵画は「2 枚」あったッ!
Bloodborne(ブラッドボーン)
  • 『ブラッドボーン』ってこんな話 (2017.12.2)
    • 長さレベル : 6
    • 悪夢の中には魔物がすむの 頼れるなかまはみんな血に酔ってる 大体そんな感じ 獣狩り日和
  • 「瞳」の中身 (2016.10.24)
    • 長さレベル : 28
    • 結局「瞳」って何だったんですか
  • 拝領と継承 (2017.05.22)
    • 長さレベル : 53
    • 実験棟で行われていたこと
  • 「虫」の話をさせてくれ (2017.07.16)
    • 長さレベル : 131(嘘だろ)
    • ヤーナムには、「虫」が蔓延っている
  • うごめけ! オドン(前編) (2017.08.01)(追記)
    • 長さレベル : 46
    • オドンの正体と、オドンが生み出したもの
  • 獣の病、完全予防マニュアル (2017.09.02)(追記)
    • 長さレベル : 23
    • 獣の病に対する、一応の結論です。
  • 拝領マッチングチャート (2018.08.19)
    • pdf
    • 貴公の末路は?
    • 現在細かいところで考えも変わっていて邂逅中。旧いバージョンだとご理解ください。
  • 君の瞳に恋してる
    • 虫と瞳の編(2019.04.29)
      • 長さレベル : 27
      • 神秘の源は寄生虫と苗床
    • fair maiden 編(2019.04.29)
      • 長さレベル : 31
      • 人の淀みの根源と、「美しい娘たちの選び方」
    • 月編(2019.04.29)
      • 長さレベル : 52
      • 『Bloodborne』を巡る色々の、とりあえずの結論
隻狼(SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE)
隻狼 × Bloodborne

Great Ones(素晴らしい繋がり)

以降の考察は「特定のフロム・ソフトウェア作品は同じ世界の物語である」という児戯幻想の類です。必然、該当作品のネタバレを扱いますのでご了承ください。

  • 火と楔と血の話
    • 01 (2017.10.07)
      • 長さレベル : 17
      • 該当作品 : 『DARKSOULS』『Bloodborne』
    • 02 (2017.10.07)(追記)
      • 長さレベル : 34
      • 該当作品 : 同上
    • 03 (2017.10.15)
      • 長さレベル : 31
      • 該当作品 : 同上
    • 04 (2018.02.25)
      • 長さレベル : 39
      • 該当作品 : 同上
    • 05
    • 06
  • 北の国から - 契 -
  • うごめけ! オドン(後編)
  • 回生・竜咳・人間性 (2019.04.30)
    • 長さレベル : 13
    • 該当作品 : 『隻狼』『DARKSOULS』
    • 桜と死は、良く似合う。

参考資料

皆さんのおかげです

スポンサーリンク